トップ / マンション経営は保険になる

マンション経営と保険

マンション経営は保険になる

マンション経営と保険の関係

住宅ローンを利用して住宅やマンションを購入するときには、必ず団体信用生命保険への加入が義務づけられています。万が一、住宅ローン返済期間中に購入者本人が死亡したり、高度障害の残るケガや病気にかかり、働くことができなくなったためローン返済ができなくなった場合の備えとして加入します。

もし、そのような万一の不幸なケースが起きた場合には、残っているローンの返済分がこの団体信用生命保険によって返済されるので、遺族は完済された住宅を相続することができます。一家の大黒柱を失った残された遺族が住む家だけは確保できるようにという配慮なのです。

そして、購入者自身が居住するのではない投資用のマンションの購入であったとしても、この団体信用保険への加入が義務づけられています。加入といっても、団体信用生命保険の保険料は住宅ローンの金利に含まれているため、別途負担する必要はありません。また、この団体信用生命保険の保険料は大変割安になっていますからさらに有利な条件の保険といえます。

視点を変えれば、団体信用生命保険によって支払われるマンションの完済額は死亡保険金額と考えることができます。現在加入している生命保険内容を見直し、保険金額を減額することに問題がないようなら、保険料の節約となり家計の負担が減らせる可能性があります。

また、万一あなたの死亡によって家族が相続した後はローンを支払う必要がない為、家賃収入をそのまま全額を収入として得る事ができるのです。もちろん売却することも可能です。自分自身の財産形成というだけではなく、愛する家族に遺すことができる遺産形成としてもマンション経営は非常に大きな力となってくれるのです。

Copyright © マンション経営の仕組みとは. All rights reserved.