トップ / マンション経営と生命保険の違い

マンション経営と保険

マンション経営と生命保険の違い

マンション経営と生命保険

自分の身に万が一のことがあったときに遺された家族に遺す保障として、まず思い浮かべるのは生命保険の存在ですね。しかし実はマンション経営も何かがあった際には生命保険に劣らない、もしくはそれ以上の力を発揮します。

先の章で上げた通り、購入者であるあなたが死亡したり、働くことができなくなって住宅ローンを支払うことができなくなったら、残債がゼロになったマンションを遺族が相続することができるからです。このマンションの売却益を死亡保険金と考えると、万が一の事があった場合の保証内容はマンション経営も生命保険もほぼ同様ともいえるでしょう。マンション経営も生命保険も残された家族に、収入を得てくれた存在がいなくなっても生活に困らないようにする「安心」を残すという意味では、どちらも同じです。

しかし、マンション経営では、たとえ購入直後であっても、返済がどこまで済んだかに関係なく、遺族は残債のないマンションという名の資産を受け取ることができるのです。このように、住宅ローン支払い中の団体信用生命保険に入ったマンションというものは、借りた方が存命中はご本人に、亡くなった後は、遺族に定期的に家賃という定期収入が渡されるという「終身保険(収入保障型)」と「年金保険」のメリットを併せ持った、大変に有利な生命保険であるともいえるでしょう。

また、マンション経営は月々の家賃収入がある事を考えあわせると、ただ保険料を支払っていくだけの生命保険に比べて負担が少ないともいえます。とはいえ、マンション経営のメリットの一つ団体信用生命保険の恩恵は素晴らしいものがありますが、純粋に保障としての保険商品としてみれば力不足です。まとまった現金を受け取れる定期保険としての役割しかないからです。病気やけがに備えた医療保険やがん保険には加入しておくことをおすすめします。

Copyright © マンション経営の仕組みとは. All rights reserved.