トップ

マンション経営と保険

マンション経営の仕組みとは

マンション経営をはじめる

若いうちからきちんと貯蓄の習慣が必要だとわかっていても、それができない人は多いはず。そんな中、なんと新入社員当時から財産形成の意識を強く持っていた甲斐あって、資金が確保でき希望エリアの物件を購入完了し、いよいよ念願のマンション経営をスタートさせるあなた。マンション経営におすすめの不動産。についてはこのサイトがおすすめです。

実はマンション経営は生命保険と同様の保証がある事をご存知ですか?税金も保険料も両方節約できる知識を身に付けておくことで、さらに確実な財産形成を成功させることができますよ。安泰な老後資金を確保するために必ず頭に入れておきたい知識です。

マンション経営とは、簡単に言えば、マンションを購入し、入居者に住居を貸し、その家賃収入を得るという形式の賃貸事業になります。マンション購入時は住宅ローンを利用し、入ってくる家賃収入はその支払いに充て、差額が毎月の利益額ということになります。このアパート経営・マンション経営は、保有するマンションの不動産価値が急激に変動することはバブル期でもない限りまず可能性が低いことから、長期にわたって安定した収入をもたらしてくれる資産運用の仕方として人気を集めている方法なのです。

マンション経営の流れは、まず、賃貸対処とするマンションの準備→入居者募集→賃貸借契約→物件の管理→退去→再入居者の募集というサイクルを繰り返す仕組みになっています。最初の内こそ住宅ローンの返済に家賃収入がほとんど消えていくことになりますが、ローンが完済すれば家賃がすべて収入になるということになります。

また、住宅ローンを組むメリットはいくつもありますが、最大の理由は団体信用保険への加入により、自分が死亡もしくは重度の障害を負い、ローンの支払いが困難になった場合、ローン支払いが不要になることです。

つまり家族のもとにはローンが完済したマンションが渡されるというわけです。また、他の金融商品は、景気変動の影響を大きく受けますが、不動産はそのような影響をそれほど受けることがないことも、確実に増やしていきたい財産形成の手段として今も昔も人気の方法です。

Copyright © マンション経営の仕組みとは. All rights reserved.