家探しは時期をずらして行う

急な転勤の命令が下ったというような不要不急の場合でなければ、家探しは自分のタイミングで行うことが出来ます。しかし、進学の時期や就職の時期、卒業のシーズンは日本の場合一緒になってしまいます。3月の時期は1年で一番移動が多い季節になりますので、どうしても家探しをする場合借りてにとっては不利になってしまいますし、希望する物件を探すのに物件数が少なくなってしまう傾向にあります。そこで家探しのコツとしてはみんなが移動をする季節を外して物件を探すようにすると良いでしょう。借り始める時期が事前に分かっている場合は不動産屋さんにいつから入居の予定であるのか明確に伝えた上で、良い物件があれば契約が出来るかどうか相談をするようにしましょう。例えば4月以降は移動がひと段落しますので、物件によっては1年間空き室の状態になる可能性のある物件も出てきます。コツとしては、もし少し早めに入居をするのであれば家賃の値下げ交渉をする余地があるでしょう。また、不動産業者にとっても3月から4月の時期は入居と退去で忙しい季節になりますので、1人1人の顧客に丁寧に対応が出来ない場合もあります。コツとして繁忙期をずらして家探しをすることで、不動産屋さんに色々な物件を見せてもらえる可能性が高まります。

↑PAGE TOP